西洋占星術

用 語 解 説

星占いのページへ


INDEX TOP
A あ〜お
B ば〜ぼ
C c
D だ〜ど
E e
F
G が〜ご
H は〜ほ
I
J
K か〜こ
L
M ま〜も
N な〜の
O o お
P ぱ〜ぽ
Q
R ら〜ろ
S さ〜そ
T た〜と
U
V
W わ
X
Y
Z
星座とサイン
ディグニティーの表


スカイプ
西洋占星術スクール
レッスン詳細
レクチャーの概略は
レッスン詳細のページで
お確かめください。

スクール(通信コース)

 ■ 用 語 解 説

Elementエレメント

ギリシャ哲学の基本的成分である、ホット、ドライ、コールド、モイストと呼ばれる四つの「元」(四元[しげん])を、2つずつ組み合わせて作られた元素(エレメント)。ホット&ドライが火のエレメント。コールド&ドライが地のエレメント。ホット&モイストが風のエレメント。コールド&モイストが水のエレメントとなる。ホットでコールド(熱くて冷たい)、そして、ドライでモイスト(乾いていて湿っている)という組み合わせは無い。

ギリシャ哲学ではこの他に、5つ目のエレメントとしてエーテルを当てている。エーテルとは、東洋の「気」のような概念である。それはサインの位置に充満していると観る。

火のエレメントは、Hot & Dry 、胆汁質と同じである。
地のエレメントは、 Cold & Dry 、黒胆汁質(粘液質)と同じである。
風のエレメントは、Hot & Moist 、多血質(血液)と同じである。
水のエレメントは、 Cold & Moist 、粘液質と同じである。

 

Essential dignityエッセンシャル・ディグニティー

惑星の持つ、基本的な惑星らしさを数値で表そうとしたもの。牡羊のサインの15度に配置された昼の太陽は、イグザルテーション、トリプリシティー、フェースといった惑星らしさを持つことになる。基本的な惑星らしさを数値で捉えるわけだが、+8点というような使い方はせず、ひじょうに良い太陽であると単純に捉える。ディグニティー、そしてその点数を見つけるには、エッセンシャル・ディグニティーの表を用いる。

エッセンシャル・ディグニティーを配置された場所で全く持たない惑星もある。その場合にはペレグリンと呼ばれ、エッセンシャル・ディグニティーの点数では−5点の悪い状態となる。

エッセンシャル・ディグニティーの表は、リセプションを把握するために無くてはならない表である。

 

 

ホラリー占星術の理論
ホラリー占星術の実占
ホラリー占星術の技術
西洋占星術教室
占星術スクール
占星術教室
西洋占星術スクール
トラディショナルな占星術

占いの館
占い館
占いの家
占いハウス
電話占い
メール鑑定
トラディッショナルな理論

日本の西洋占星術が大転換する時期に
さしかかっています
一緒に学びませんか。
それが西洋占星術の発展につながります
占いの館「おひさま」
ホラリー占星術 ブログ
『愛のホラリー占星術』申込み

Copyright © Mr.ホラリー Kuni Kawachi All right reserved.