西洋占星術

用 語 解 説

星占いのページへ


INDEX TOP
A あ〜お
B ば〜ぼ
C c
D だ〜ど
E e
F
G が〜ご
H は〜ほ
I
J
K か〜こ
L
M ま〜も
N な〜の
O o お
P ぱ〜ぽ
Q
R ら〜ろ
S さ〜そ
T た〜と
U
V
W わ
X
Y
Z
星座とサイン
ディグニティーの表


スカイプ
西洋占星術スクール
レッスン詳細
レクチャーの概略は
レッスン詳細のページで
お確かめください。

スクール(通信コース)

 ■ 用 語 解 説

コンタクトContact

接触。したがって、西洋占星術での意味合いは、コンジャンクション、アスペクト、アンティッション等を指すことになる。ある惑星が別の惑星にコンタクトをする。ある惑星が、アセンダントのカスプにコンタクトをする等。

コンジャンクションconjoin、conjunction

惑星が同じサインで、同じ度数の近くにあること。conjoinには性的な結合という意味合いがあり、同じ部屋にいなければ抱き合えないことになる。従って、同じ部屋、同じサイン内に在ることが必要となる。一般的には、オーブ内が相応しい。アスペクトはサイン同士のことであるが、コンジャンクションは惑星同士のことなのである。

ただ、概念的には惑星はオーブを持ち、隣のサインにも光をすべり込ませているものである。光をすべり込ませているからconjoinはできないまでも、その準備は整っている配置はあるに違いない。それを指してコンジャンクションと考えられないこともないが、コンバストから逃げている水星や金星が隣のサインにあるなら、それは充分に太陽の光がサインの壁を隔てて弱められているので、コンバストとは呼べない。上位の惑星である、火星、木星、土星は、そのような状態でも必ずいずれコンバストになる。でも、『今』と、『やがて』では明確に意味合いが違うこともある。

特に、期間限定の問題ではサインの終端が期間の終了であるから、当然コンバストでは無いとして考慮しないと判断を誤る。アセンダントのロードが月、7ハウスのロードが土星の試合の場合、土星がどこかのアングルの2度にあり勝利を示していて、太陽が隣のサインの29度に在るなら、これをコンバストと読めば土星の勝利は無くなる。しかし、考慮の限界がサインの端であるので、土星はコンバストでは無く、土星側の勝利となる。

コンジャンクションに戻ると、同じような度数というのは、もしその辺りに太陽が在れば、昼の長さが同じような場所のことを言う。アンティッションも昼の長さが同じような場所なので、コンジャンクションと表現する占星家が居る。まったく惑星同士がコンジャンクションと呼べない所に居ながら、説明文にはコンジャンクションと言っているなら、たいていはアンティッションのことである。

Consideration before judgment判断の前の考察

 


ホラリー占星術の理論
ホラリー占星術の実占
ホラリー占星術の技術
西洋占星術教室
占星術スクール
占星術教室
西洋占星術スクール
トラディショナルな占星術

占いの館
占い館
占いの家
占いハウス
電話占い
メール鑑定
トラディッショナルな理論

日本の西洋占星術が大転換する時期に
さしかかっています
一緒に学びませんか。
それが西洋占星術の発展につながります
占いの館「おひさま」
ホラリー占星術 ブログ
『愛のホラリー占星術』申込み

Copyright © Mr.ホラリー Kuni Kawachi All right reserved.