星占い ホラリー西洋占星術

  アセンダントの考察

ネイタルTOP 項目トップ


■ Native−Ascendant の考察

ネイタルの詳細な考察を行う前に、気質の把握が必ず必要です。

例えば火星で示される職業は気質によって変わってきてしまいます。

気質が軍人タイプのものであれば、火星はその人にとって武器やセールスの能力を示すでしょう。気質が研究肌の人であるならば、火星はペンを表すかもしれません。気質が医者タイプなら、火星はメスです。リリーはネイタルの6ハウスに火星を持っている医者は名医だと述べます。医者で無い人が6ハウスに火星を持っていても、にわかに手術をする技術を遭難現場で発揮するわけではありません。料理人気質であれば、火星は包丁に決まっています。このように、気質から把握していかないと、同じ惑星が違う働きをすることを即座に判断できません。それゆえに、ネイタルでは気質の把握から始めます。

もちろんこれはアスペクトの判断にも影響してきます。上記は、その一例です。

次に、五つのポイントについて詳細な判断をするべきです。それは、1.アセンダント、2.アセンダントのルーラーとなっている星、3.太陽、4.月、5.チャートの中で中心になっている惑星の5つです。その時間に極端に悩ませる点がないか? もしこれらの判断でそのカレントが短命であると分かったなら、そのネイタルの判断について、時間をかけるべきではありません。死後の人生の判断に、どれほど意味があるでしょう。

アセンダントがもっとも正確に長命かどうかを表しています。まず、そのものが幸運な場所かどうか。幸運な場所だとしてどんなタームに入っているか。またはサイン、又は、良き運を与える惑星とのセキスタイルやトラインにある場合のリセプションがどうか。それに反して、マレフィックな惑星と部分的に悪い配置になっていないか。又は、それらと、クォータイルや、オポジションの関係でリセプションで悪い関係にないか。恒星が、8ハウスのルーラーや、同時にアセンダントのルーラーが一緒であったりしないか。ルミナリーズの近くに恒星の悪いものがないか。これらのルールが長命かどうかの判断につながります。

これらがスタート・ポイントです。


ネイタルTOP

ホラリー占星術の理論
ホラリー占星術の実占
ホラリー占星術の技術
占星術スクール
占星術教室

電話占い
メール鑑定
トラディッショナルな理論
トラディショナルな占星術
西洋占星術スクール

日本の西洋占星術が大転換する時期に
さしかかっています
一緒に学びませんか。
それが西洋占星術の発展につながります

占いの館「おひさま」
ホラリー占星術 ブログ
『星の階梯 I 』申込み

Copyright © Mr.ホラリー Kuni Kawachi All right reserved.