西 洋 占 星 術

読み進めるべき本

星占いのページへ


■ コンテンツ
■ 西洋占星術スクール
◆『星の階梯 I
◆ メール鑑定
■ 店舗概要
◆『百文字占断
■ お問い合わせ
◆ ホラリー占星術
◆ 用語解説
■ 本 リンク
■ その他 リンク
◆ メールマガジン
◆ 星占いテクニック Blog
■ エフェメリス
■ HP作成者


■ 占い四方山話し
■ パソコンのトラブルを
占星術で解けるか?


東京 スカイプ
西洋占星術スクール
レッスン詳細
レクチャーの概略は
レッスン詳細のページで
お確かめください。

スクール(通信コース)

 ■ 西洋占星術を勉強するために必要な書籍

伝統的占星術の和書、洋書で、基礎を学ぶのに最短距離と思われるもの五冊

 個人的な見解である。

1. 星の階梯 I

 日本語で書かれた、伝統的な西洋占星術の基礎。サイン、惑星、ハウスに付いて書いている。
 それらの テクニックを使ってチャートを解読した例題を持つ書物は、『愛のホラリー占星術』だが、こちらの本は、ちょっと難しい。『星の階梯 II』では、アスペクト、ディグニティー、再度、リセプションのことを書くつもりです。リセプションの使い方が実践に則して分かっていくように企画中。

2. ウィリアムリリーによる、クリスチャン・アストロロジー

 この本は、ホラリー占星術の習得に欠かせない。内容には不備があるものの、実践のための書としては右に出る物が無い。この本の優れている点は、他の本を学ぶ姿勢を醸成してくれるところにある。これ一冊では、リセプションの説明が簡単すぎて理解ができない。リリーは、プロが教えていく為に、この本を著したのかと思えるほど、難しく書いている。もちろん、プロが教えている理由はそれだけではないが。じゃあ、マシャラーの On Reception を読めばいいのかというと、本だけでは把握できない奥深さをリセプションは持っている。マシャラーの本は、時間に余裕があれば読めばいい。とにかく、ここにあげた六冊は欠かせない。

3. ベンジャミン・ダイクス監修 Introductions to Traditional Astrology

 この本は何人かの占星術師による用語の定義集である。これまでハッキリしていなかった数々の古代の知識が手に入る。全文を読む必要のある本。幾つかの見解で、後世違った見解が出てきている。それはそれで、歴史的な観点として重要になる。非常に有用な図書として付け加えた。リリーの本だけではハッキリと把握できなかった概念が、更につかみ易くなる。勉強時間の短縮になるのは、間違いない。リリーは実践を主としていて、占断結果を間違えたわけではなく、文法を正確に覚えていなかったという程度だとハッキリする。

4.アニマ・アストロギア

 ベンジャミン・ダイクス氏が英訳した Bonatti's 146 Considerations の方が良い。ヘンリー・コーレイの訳には、カルダン等の格言も合わせて載っている。必ず読む必要のある箇所がある。

5. デボラ・ホールディング女史の著作 The Houses Temples of the Sky

 ハウスの成りたちが歴史を通して理解できるので有用である。モダンなテキストには、ハウス=サイン、という考え方と、左回りに精神的な成長は進むという二つの一般的に受け入れられている考え方があるが、それが17世紀の占星家、ニコラス・カルペパーも言っているように、捏造であると書いている。その説明が実に分かり易い。

これが15世紀に書かれていれば、もっと西洋占星術も変わっていたであろう。

番外. The Real Astrology

 私の師匠のジョン・フローリーの本。哲学書であり実践書であり入門書。おしいかな、かなり英語が難解なので番外とした。上記5点より、よほど難(ム)ずいと感じる。なぜ古典的な占星術を学ぶ必要があるのか、現代占星術の不備、マイナーアスペクトがケプラーに依り考案された後の世のものであること、その不思議さ、心理学に片寄りすぎて証明できない占星術になっていった経緯(いきさつ)等が随所で解説されている。

 以上5点が推薦図書+番外となった。時間を有効に活用するには、これらの本が、多くの理解を助けてくれるであろう。

 テトラビブロスも、オリビアバークレイも、アンソニールイスも特に始めから読む必要はない。
何故? 
 上記の本の方が基本的だからだ。他の古典的な西洋占星術の本は、時間に余裕があれば読んで頂きたい。始めから読むと、混がらがる。それは私が経験している。ストリクチャーなどという変な物を考え出したバーバラ・ウォッターの影も始めから追う必要はない。


 全ての体系化された学問には、基礎からの段階がある。上のほうへ行けば専門的に枝分かれしていくが、西洋占星術の基礎はホラリーである。この意見は、ホラリー占星術が最初の占星術であるという意味ではない。それは、惑星の動きを捉える必要性、ハウスの意味を把握する目的、アスペクトを体得する意味合い、惑星にはディグニティーが2つ有ること、オーブの把握、サインの捉え方、等々、占星術の基礎の基礎がホラリーを学ばないと身につかないからです。そして、ホラリー占星術を学ぶことで、宇宙に偏在する別の生命体に気付き始めるので、占星術の基礎になっている。

 ネイタルから学び始めると、神を信じていない人は、西洋占星術を学ぶことに飽きてくる。実際、ネイタルを学んでいて、惑星がアスペクトが、力を押し付けることと、性質を押し付ける、単なるアスペクトと3つあることを、知らない人がほとんどである。惑星は、動いている ・・・それを把握しながら読み解くのである。


あまりにも信頼できる占星学の日本語の書籍は数が少ない。


    推薦図書    

 

その他の本


フリー・ソフトウェア
Astrolog 5.40 is a 100% freeware astrology program. 無料のチャート作成ソフト。

エフェメリス
http://www.astro.com/swisseph/swephae.htm  エフェメリスはアクロバット・リーダーで読めて印刷できます。

マック用の占星術ホロスコープ作成ソフト。シェア・ウエア

https://kairon.cc/jp/features.php マックの方はお試しください。


星占い ホラリー西洋占星術 本の5へ 本の4へ 本の3へ 本の2へ 本の1へ 本の総合

ホラリー占星術の理論
ホラリー占星術の実占
ホラリー占星術の技術
占星術スクール
占星術教室

電話占い
メール鑑定
トラディッショナルな理論
トラディショナルな占星術
西洋占星術スクール

日本の西洋占星術が大転換する時期に
さしかかっています
一緒に学びませんか。
それが西洋占星術の発展につながります

占いの館「おひさま」
ホラリー占星術 ブログ
『星の階梯 I 』申込み

Copyright © Mr.ホラリー Kuni Kawachi All right reserved.