誕生日を知らない相手でも占えます" />

西 洋 占 星 術

The Traditional Astrology

星占いのページへ


■ コンテンツ
◆ 占星術の考え方
■ 西洋占星術スクール
 出版している本
◆『愛のホラリー占星術
◆『星の階梯 I?』
◆『星の階梯 II?』
 PDFダウンロード
◆ 用語解説

■ 本 リンク
■ その他 リンク
◆ メールマガジン
◆ 星占いテクニック Blog
■ エフェメリス
■ HP作成者


■ 占い四方山話し
■ パソコンのトラブルを
占星術で解けるか?


スカイプでの
西洋占星術スクール
レッスン詳細
レクチャーの概略は
レッスン詳細のページで
お確かめください。

スクール(通信コース)

 ■ C.A (クリスチャンアストロロジー)の解説

■ クリスチャンアストロロジーの解説のページは世界に数多く、私が行うこともないのですが、日本語のページは数少なく、役に立つかなと思います。

というのも、クリスチャンアストロロジーは突っ込み処が満載の書だと言われていて、それでいて古典占星術の大切な入門書となっているわけですから、何が良いのかを知っておくのも大事かなと思います。

◆ C.Aにより、より深く西洋占星術を学びたいと思うようになるので貴重です
これが全てではありません。

例として、C.A IIのホラリー占星術の実践的な実例、38章を題材にしました

 ◆ リリーは、自分で立てたチャートを判断しています。

◆ 1634年に、他の人が住んでいた家を、それを引き継ぎ、それを私に買わないかと持ち掛けられた時に立てたチャートの解釈です。売り手と話し合いをして、何とか手に入れられないものかとリリーは思います。リースは嫌だ! そうだ、買いたい、とでも思ったのでしょう。

■ リリーは結論を最初に持ってきて、1647年現在、この家は私の持ち家であると言います。つまり、チャートで判断して、買えるとなったんだと読者に期待させます。


CAXXXVIII CA38章

■ 上昇のサインは天秤のサインであり、そのサインの角度がネイタルの木星と同じ角度だと喜び、それを見たリリーは良い兆しであると見ます。

■ リリーのアセンダントのロードは金星で、置かれている場所は7ハウス。なんと売り手の場所にあるけれども、これは、売り手がカレントである金星をレシーブしてくれている事だと判断します。だからこそ、買い手は俺一人なんだと言い切ります。後の方で、誰かが、打診をしてきているようにも書いていますから、買いたいと思っている人物は他にも居たことになります。

■ この辺りのリリーの言動は、朗らかで豊かです。

■ 太陽が11ハウスのロードであり、7ハウスのロードであると書かれているのを見て、驚かれた方々も多いのではないでしょうか。土星もですね、4ハウスのロードであり、ASCのロードでもあるとあります。リリーは、アルムーテン(ここでは、ハウスのカウプで最も高いエッセンシャル・ディグニティーを得るだろう惑星の事)のことを念頭に置いていて、高額のものを買うことも”勝利の一種”だと考えていたようです。

■ 金星が太陽にアスペクトすると始めに出てきますが、それは実際には、2番目で、1番目は、太陽こそが、土星とアスペクトをします。太陽、月、金星の順にアスペクトを土星との間で完成させます。太陽による妨害にはなりません。金星は、コンバストによって太陽に焼かれるわけでもありません。何故なら、一番角度差の小さい、太陽と月の間に小さなレシーブがあり、そして、アスペクトによってリセプションが生じるからです。土星は、次々とやってくる惑星たちをコレクションします。(リリーは、このことに付いて、書いていません)

◆ 火星は、月によってトランスファーをされ、これも土星に持って行かれ、委ねられます。


■ 私は、不動産の売買ならば、ASCのロードの金星と、DESCのロードの火星にアスペクトがあるのが、一番の印ではないかと考えています。土星によるコレクションのもと、金星と火星は結び付けられます。片方は、月によるトランスファーも加味されますが、コレクションです。又、不動産である土星と、ASCのロードにアスペクトがありますから、これも買える希望になります。

◆ でも、リリーには手元にあるはずの自分のお金が無かったのですね。リリーは、自分のお金を誰かに貸していたのか、投資にでも回していたのか、ハッキリ書いていません。ひょっとしたら、都合の悪い使い方をしていたのかもしれません。リリーのお金は2ハウスで示されていて、ペレグリンになっています。回収の目途は立っているともリリーは言います。でも、6カ月も先です。

◆ 火星と土星はアスペクトしますが、スクエア・アスペクトです。これを容易に事は運ばないけれども、ロング・アセンションだから良いこったと述べます。でも、ロング・アセンションだからといって、スクエアの性質がトライン・アスペクトのようにはなりません。それは、リリーのみの考えであって、誰も言っていません。(プトレマイオスが、それらしきことを述べていますが、彼は天文学者です)。もし、そうであるなら、ショート・アセンションのセキスタイルは、30度のアスペクトにでもなるのでしょうか? 

◆ リリーは木星に注目して、やがてイグザルテーションになる。P.o.Fのロードであるので、これは良い兆しだと判断します。本当に、これは実現します。友人が12日後(木星が蟹のサインに入った日)に、500£を貸してくれるのです。こんな旨い話はありません。いつ、友達に貸してくれるように打診したのでしょうか? 書かれていません。友人が順当に11ハウスのロードである太陽なら、話も早く進みます。金星と太陽はコレクションされるのです。不動産(土星)によって、そして、火星(売り手)とも。

■ ボナタスなら、土星は、売り手の火星から4ハウス目にあるから、今は売り手の不動産に間違いないとして、次の判断を進めたかもしれません。売らなくてもよかったのだとあります。火星が素封家であるとの表示はありません。できれば、売りたかったのだろうと思います。でも、ビタ一文もまけてくれなかったとありますから、素封家ではなかったと考えられます。560£、500£を借りたリリーは、60£をどこかで用意しました。


■ いつ交渉をしたのか? リリーなりのイレクションを、このチャートをベースにして行い、それは、4月25日と、5月17日だとあります。ベースのあるイレクションは、効果があります。私も絶大な効果を体験しています。顧客のイレクションで、1,000万円以上に匹敵する効果を得たこともあります。リリーのチャートでは、4月10日から、6週間と数日後を予測していますが、それは、金星と太陽のアスペクトでの角度差、6度からでしょう。ほぼ、予測通りに進んだとあります。売買契約書に調印したのは、5月17日ですから、凄いです。(CAには、"ere"[その前]となっていますが、"were”の誤植でしょう)

■ 全てのアングルがカーディナルですから、カレント(リリー)の動きも早かったのです。決断力と行動力があった人だと分かります。リリーの魅力の一つです。

 

ホラリー占星術の理論
ホラリー占星術の実占
ホラリー占星術の技術
西洋占星術教室
占星術スクール
占星術教室
西洋占星術スクール
トラディショナルな占星術

占いの館
占い館
占いハウス
占いハウス
電話占い
メール鑑定
占い館「おひさま」
トラディッショナルな理論

日本の西洋占星術が大転換する時期に
さしかかっています
一緒に学びませんか。
それが西洋占星術の発展につながります
占いの館「おひさま」
ホラリー占星術 ブログ
『愛のホラリー占星術』申込み

Copyright © Mr.ホラリー Kuni Kawachi All right reserved.