星占い ホラリー西洋占星術

黄道帯十二サイン (十二宮)

占星術理論のトップ エッセイトップ 大鏡の扉へ


■ 星座占いはサインを主に使います。占星術はハウスを主に使います。

星占いと占星術は同じものです。あえて、区別をするとすれば、星座を主体として『私、何々座だからすぐにとりとめなくなる・・・』となるのが星座占いで、占星術はハウスを主体にするので『この仕事の給料は、生活するのに充分良いです!』というふうに具体的になります。 

■ サインには判断に使う意味と、占星術の背景としての役割がある

■ 星占い(西洋占星術)で用いられる十二サイン
黄道帯十二サインは、春分点から始まる最初の30度を「白羊宮」「おひつじのサイン」とし、以降30度ごとに全天360度を十二のサインで分けられています。星座の天球上の「牡羊座」等と違っています。[ 星座の天球 ⇔ サインの天球 ] このことは現在春分点が「魚座」にありながら、そこを「白羊宮」としていることにも関係します。星座の「牡羊座」と「おひつじのサイン」の位置が既にかけ離れてもいることからも、「座」を付けない方が適切です。

黄道帯十二サインは、さまざまな分割方法を持っています。惑星はそれぞれのサインを通過するごとにその役割を微妙に変化させます。サインは主として惑星に強さを与えるか奪うかを

修飾する他に、Hot & Dry(火), Cold & Dry(地), Hot & Moist(風), Cold & Moist(水)の複合と、カーディナル(ムーバブル)、フィクスト、ミュータブル(コモン)の組み合わせによる12の種類でできています。そしてサインは幾つかの様々なグループに分けられ一種の特性を共有しています。このグループ分けこそが占星術の判断において重要です。

サインに関してその知識を充足するならば、まず最初にサインに対する期待と幻影を打ち砕いておく必要があります。それはサインから性格が導き出されるという幻影です。太陽星座占いでは太陽が置かれているサインから性格が導き出されることになっています。それは太陽占星術(ジャーナリズム用占星術)に対するおもねりです。それぞれのサインが持つ決定的で完全な魅力を備えた確たる性格はありません。楽しい読み物として存在させる必要性から考えられた、占星術らしく見えて、その実まったく占星術とは違うジャーナリズム用太陽占星術のものだと考えて下さい。サインからは性格は見えません。

嘘だと思うならパーティー等の会場で、『あなたの性格から見て、あなたの太陽の位置は○○○座ですね』と当ててみて下さい。まず当たることは無いでしょう。3割ならあなたの直感は鋭い方です。

あまりにも詳細に語られたサインの持つ性格に関する白々しい特殊な話は、よく読むと空想が白昼夢的に拡がっているだけです。話を増長に拡散する才能のある人にしか展開不可能ですし、詩であり芸術であり先入観を植え付ける危険なものであり、また覚えきれるものでもありません。一旦イメージが膨らまり始めると収拾がが付かなくなり、必然的に理解力の無さを露呈する結果となります。特定の性格など導き出せませんから、全くどのサインの説明かが分からなくなるくらいに頭を混乱させるだけです。

■ サインは理解するものです。覚えるものはほとんどありません。

そのグループ分けは非常に単純であり、古来、形容詞としての役割を持つとされベーシックです。最も基本的な形容詞で分ければほとんど事足ります。それらは、男性格(昼)⇔女性格(夜)[これは白羊宮を男性格として最後の双魚宮に至るまで、代わる替わるやってきます]、 火+地+風+水 [これは白羊宮から始まり、3回繰り返されます]、 カーディナル +フィクスト+ミュータブル[白羊宮から始まり4回繰り返されます]、 ミュータブル ・サインはダブルボディーズ・サインと一致します。ダブル・ボディーズサインは、仕事であれば二つの仕事であるとか、二人のボスに就く事を示します。 豊穣⇔その中間⇔不毛 [豊穣なサインが事業の質問の7ハウスにあれば、多くのお客様を連想させます]、 人間的⇔動物的 [人間的なサインは、人との関わり合いに大変有利です]、 音を出す⇔その中間⇔無音 の等々で、更にサインの種類分けにはいくつかがありますが、基本的なものはこれくらいです。これらの区分でほとんどサインはその形容詞を満足させます。後は白羊宮から順番に身体の各部分に当てはめていったり、国に当てはめるぐらいです。下段を参照して下さい。

これらの12サインは、多くの動物の名前を与えられていることから、獣帯と呼ばれる太陽の通り道[黄道帯]に配置されています。それぞれの星座は実際に天空できっちり30度あるわけではありませんが、占星術では便宜上、春分点を起点としてそれぞれが30度ずつを受け持っています。


■ 四分の一  クォーターごとに分ける方法

「サイン」の分け方には、四季に分ける方法があります。 ariesから並べると順番に、aries taurus jeminiとなっていますがここに太陽が在るとき北半球では春なので春であるとします。以下順番になります。

 

そのサインに太陽が入っていた場合の、太陽の性質↓

Ari Tau Gemi

Hot & Moist

Canc Leo Vir

Hot & Dry

Lib Scor Sag

Cold & Dry

Capri Aque Pis

Cold & Moist


■ 火・地・風・水 (エレメント)

四つに分ける方法として、サインを「火」・「地」・「風」・「水」に分ける方法もあります。

   

左のサインそのものの性質です↓ 

Ari Leo Sag

Fiery

Hot & Dry

Tau Vir Capri

Earthly

Cold & Dry

Gemi Lib Aque

Airy

Hot & Moyst

Canc Scor Pis

Watery

Cold & Moyst

火のサインは文字通り火に関係しますが、火で焼かれた煉瓦→壁、暑さや乾きに、天候であれば晴れと関連します。地のサインは大地、地下、床、低い場所等の意味を持ちます。風のサインは、空気の流れが良いだけではなく、見晴らしの良さや知識の拡がりにも関連しています。水のサインは、湿ったこと、端的に川や湖以外に、快適さや感動に関連します。

性格というより体質に関連づけられ、火のサインは胆汁質です。地のサインは憂鬱質、風のサインは多血質、水のサインは粘液質です。これらの体質は、完全に一つの性質が突出して強いことは稀です。強い体質に、幾分別の体質が混ざる場合がほとんどです。


■ カーディナル、フィクスト、ミュータブル (三区分)

下記がサインを分割する場合、ホラリーの判断で最もよく使われる区分けです。

Cardinall

Ari Canc Lib Capri

Move-able

Fixed

Tau Leo Scor Aque

 

Mutable

Gemi Vir Sag Pis

Common

占星術は始めの頃、農耕と天候との関連が主なものだったので、季節の移り変わりと密接に絡んでいます。カーディナル(Cardinall)・サインはこのサインに太陽が入ったときからの季節の変わり目を印します。牡羊に太陽が入ったときから、春です。でも、太陽が春の位置に来たからといってもまだ冬のなごりも残っています。牡牛に太陽がくると、毎日が完全なフィクスト(Fixed)な春です。双子に入ると、次の季節夏との境目が無くなる日ミュータブル(Mutable)な日も時々あります。蟹に太陽が入った日から、夏として記されます。

季節が移ってくるので、カーディナル(Move-able)。ほぼその季節を固定的に示す、フィクスト、上記二つのサインの中間点である、どっちつかずの、ミュータブル(Common)。そして、昼夜均等になるのが春分 Ari と秋分 Libです。
太陽が一番冬と夏の端っこに来るのは、冬至 Capri と夏至 Can です。

カーディナル (Cardinall)

アセンダントのルーラーが カーディオナル・サインだと、あるいは、アセンダントがカーディナル・サインだと、不安定さや、優柔不断、お気楽で、だんまり、道を外していたり、ゆれる心情等を表します。

フィクスト (Fixed)

フィクスト・サインだと、堅い決意、意見を変えない、言ったことや行いを取り消さず、良きに付け悪きに付け心情は維持されるとされます。

ミュータブル (Common)

ミュータブル・サインは、上記の二つの中間ぐらい、気が変わりやすい、強情なところもあり、わがままなところもあるとされます。


■ 次の事柄も判断にはよく使われます。

キャラクターが獣に属する物。 Ari Tau Leo Cap Capri :四つ足の動物です。表示星がここに入っているときは、サインの意味に従って何か動物的な傾向を示します。例えば、牡羊のサインに入っているならば、そそっかしくて、無鉄砲で、みだらです。牡牛ならば、雄々しく、決断力がありますが、気分はぼんやりとしていて、はっきりしないという欠点を持っています。他の動物的な傾向も、この例に倣って判断していきます。

■ 豊穣なサイン

豊穣で多産を示すサイン。 Canc Scor Pis 。左記の生き物たちは卵生で、多くの子供達を一度に作ることから連想されます。子供をほしがっている人がいるとして、7ハウス・カスプや5ハウスのカスプにこれらのサインがくることは、子供を得る印です。

反対に、不妊のサインと呼ばれるサインもあります。 Gem Leo Vir です。太陽と水星の司るサインで、暑すぎるか太陽に近すぎて不毛としたのでしょう。

■ 人間的なサイン

人情味豊かなサインは、 Gemi Vir Lib Aque です。ヒューマンなサインと言われます。一般的な情緒、感情を示します。

■ ミュータブル・サイン

ダブル・ボディーズ・サイン Gem Vir Sag Pis ミュータブル・サインと同一です。

勇猛なサインは、 LeoSag です。

危険を表すサインとしては土星と火星の支配するサインと、exaltaion を得るサイン。すなわち、 Ari Lib Scor Capri Aque の五つです。

■ 音を出すサイン ⇔ 無音のサイン

音を出すサイン Gemi Vir Lib ⇔その中間(その他)⇔無音のサイン Canc Scor Pis

マンデンで国を表す以外はサインは、性質と場所と方向と肉体的な描写と肉体の特徴、身体の病気のみを表しています。
つまり、「駅」とか「電話」等、*Noun=名詞*を司るサインはありません。近い( Canc )駅、うるさい( Vir )電話という形容詞にはなります。

2005年3月8日(火)


エッセイ 星占い ホラリー西洋占星術 百文字INDEX エッセイトップ

ホラリー占星術の理論
ホラリー占星術の実占
ホラリー占星術の技術
西洋占星術教室
占星術スクール
占星術教室
西洋占星術スクール
トラディショナルな占星術

大阪 占いの館
占い館
大阪 占いハウス
占いハウス
電話占い
大阪 メール鑑定
大阪にある占い館
トラディッショナルな理論

日本の西洋占星術が大転換する時期に
さしかかっています
一緒に学びませんか。
それが西洋占星術の発展につながります
占いの館「おひさま」
ホラリー占星術 ブログ
『愛のホラリー占星術』申込み

Copyright © ホラリー占星術 Horary Astrology All right reserved.