星 占 い ホ ラ リ ー 西 洋 占 星 術

惑星のオーブ

星占いのページへ


■ コンテンツ
■ 西洋占星術スクール
◆『星の階梯 I
◆ メール鑑定
■ 店舗概要
◆『百文字占断
■ お問い合わせ
◆ ホラリー占星術
◆ 用語解説
■ 本 リンク
■ その他 リンク
◆ メールマガジン
◆ 星占いテクニック Blog
■ エフェメリス
■ HP作成者


■ 占い四方山話し
■ パソコンのトラブルを
占星術で解けるか?


スカイプ
西洋占星術スクール
レッスン詳細
レクチャーの概略は
レッスン詳細のページで
お確かめください。

スクール(通信コース)

 ■ 惑星の オーブについて

■ 惑星のオーブ

オーブは「惑星」が持つもので、アスペクトという「線」が持っているものではありません。

アスペクトはサイン同士のことですから、もともと30度の幅があります。

オーブは、惑星同士の角度による角度に従ったアスペクトを考慮をする場合に、状況の把握などで、オーブ(惑星同士のことだから)の考慮が必要になります。

惑星同士の角度による角度に従ったアスペクトは、タイミングをも示します。この場合は、オーブを無視して考えます。つまり、惑星同士のジャストのアスペクトしか考慮しないわけです。0.1度を残して惑星が逆行したとしても、その物事にタイミングは訪れません。オーブの中に確実に入っていても、物事が起きないときは起きないのです。

上記のように、オーブを考慮するときと、オーブを考慮しないときの両方があります。

その違いを把握するのが先決です。

 ◆ 例 : 私の譲り受ける岩笛の音色は、良い音ですか?

岩笛は金星で示されているとします。音色は火星で示されているとします。

蠍のサインの10度に金星が入っていたとします。一方、火星は蟹のサインの15度に入っています。ともに順行していて、金星は蠍の14.5度で逆行を始めるとします。とすれば、現在彼らはサイン同士による120度のトラインを形成していますが、一般的にトラインは良いアスペクトなので、ここで良い音色と答えるのは気が早いのです。

金星はやがて火星と角度による角度に従ったアスペクトを為さないので、アスペクトの効力は無いのでしょうか?

これは物事の成就を示すためのアスペクトではありません。状態を示しているアスペクトです。ですからこれから金星が逆行しても効きます。金星で示される岩笛の音色を火星が修飾していることになります。火星の状態はあまり良くはなく(フォール=音色が落ちる)、それが簡単に(120度)岩笛の音色として現れる結果、あまり良いとはいえない音色となります。

 ■ 例 : 岩笛は、手に入りますか?

上記と同じ条件で惑星が配置されていたとします。

質問の岩笛が金星で、カレントが火星で示されているとします。ともに順行していて、金星は蠍の14.5度で逆行を始めるとします。とすれば、現在彼らはサイン同士による120度のトラインを形成しています。

ここではオーブのことを考慮するよりも、タイミングが訪れるのかどうかが問題になっています。金星(岩笛)は火星に近づきながら、手前で逆行しますから、タイミングが生じないことになります。結果として、岩笛は手に入らないことになります。

オーブは、一瞬しか考慮していません。

 ■ 結局 オーブとは

上記の例題で、感覚的に把握していただけなければ、理屈でご理解ください。

オーブとは何かというと、かなり定義しづらいものです。時に変化するからです。また、変化を持たせながら使うものです。
要は把握するしかないのです。それでもオーブの周りに定義めいたものは存在します。先の二つの例でも、オーブを使ったり、使わなかったりしました。

オーブとアスペクトは別々の概念です。

  • 伝統的占星術で、オーブは、惑星の周りにただようオーラのようで、両手を広げたような形になります。
  • テキスト類には、一般にオーブの半分のことが載っています。
      土星 = 9度
      木星 = 9度
      火星 = 8度
      太陽 = 15度
      金星 = 7度
      水星 = 7度
       月  = 12度
  • 惑星同士のオーブを問題にするときには、モイェティー(オーブの半分)とモイェティー(オーブの半分)を足したものを考慮します。
  • オーブはサインを超えて効力を持ちますが、サインを超える場合には、近づく惑星のオーブだけが考慮されます。(その限界を設けないと、何時、終りが来るのか分からない。
  • たとえ惑星がサインの15度に在っても、オーブの終了点は本当は見えません。(オーブの表と称したものが沢山あって、書いた人により、オーブの幅が違っている。数字は、目安です)

オーブは上記のような概念の上に成り立っています。ですから、使うときもあり、考慮の対象から外しても構わないときもあります。オーブを考えなくても良い場合も多いものです。これも占星術ではセオリーですし、オーブを考慮してモイェテイーとモイェティーを足した合計が少なければ少ないほど良い、というのもセオリーです。

用い方次第というのは、どこか心やお金に似ています。使うべきときには遠慮なく使い、使ってはいけないときに使うと、迷惑がられ品性を疑われ、人間性まで下げてしまうのが心とお金です。いや、オーブです。

2002年4月上稿   2014年4月18日見直し


エッセイ 百文字INDEX 星占い ホラリー西洋占星術 項目トップ

ホラリー占星術の理論
ホラリー占星術の実占
ホラリー占星術の技術
占星術スクール
占星術教室

電話占い
メール鑑定
トラディッショナルな理論
トラディショナルな占星術
西洋占星術スクール

日本の西洋占星術が大転換する時期に
さしかかっています
一緒に学びませんか。
それが西洋占星術の発展につながります

占いの館「おひさま」
ホラリー占星術 ブログ
『星の階梯 I 』申込み

Copyright © Mr.ホラリー Kuni Kawachi All right reserved.