星占い ホラリー西洋占星術

 ディグニティー I

星占いのページへ


■ コンテンツ 目次
■ 占星術ワールド
◆ 占星術が生まれた
■ 西洋占星術の誕生
■ 西洋占星術の誕生
■ 西洋占星術を学ぶ姿勢
◆ 占星術による物事の判断
■ 惑星は何故7つ
◆ 西洋占星術の基礎
■ 占星術の基礎 2
■ 惑星の持つ光に付いて
■ 西洋占星術の精神性
◆ 自然科学と西洋占星術
◆ サインの使い方
■ 惑星の図案
■ 星を読むことができると
したら
それを書いたのは誰?
■ 星を読むことが その 2.
■ 星を読むことが その 3.
■ 星を読むことが その 4.
◆ 創造神と、神々の位置
■ エレメントを持つ惑星
◆ 魔術と唯識論
■ 魔術と、霊的な感覚
◆ サインを多用しない
■ 占星術で言うエッセンス
■ 5度前ルール
■ 本質を区分する
◆ 判断の前の考察
■ 心の品質


■ 占い四方山話し
■ パソコンのトラブルを
占星術で解けるか?


スカイプ
西洋占星術スクール
レッスン詳細
レクチャーの概略は
レッスン詳細のページで
お確かめください。

スクール(通信コース)

 ◆ 惑星のディグニティー I

■ エッセンシャル・ディグニティー

Dignityを英和辞典で調べると、1,真価、尊厳 2,威厳のある態度 3,品位 4,高位高官となっています。動詞形のdignify はもったいを付ける、威厳を付けることです。

占星術の判断の要諦は、ディグニティー、アスペクト、リセプションです。

上記の三つの要諦の中で、惑星のリセプションは、その惑星が何故そこに置かれているのかという理由と、他の惑星が持つ、その置かれている惑星への意向を示します。

ディグニティーは、その惑星の良さ悪さ、そして作動する強さを示します。

アスペクトは、物事の起きる機会(タイミング)を表します。

2000年までに、日本語で発行された一般の占星術の教科書は、アスペクトの説明に終始しています。リセプションは説かれてもほんのわずかで、それもミューチャル・リセプションしか現状では見当たらないはずです。それではチャートの正確な判断ができません。アスペクトが無くてもチャートは働きます。実例もあります。ディグニティーについての説明は、少し書かれています。ただ、どういう風に使うのかは、どの本を当たってもほとんど不明なままです。

占星術で使うディグニティーには、二つの種類があると言われています。

一つは、エッセンシャル・ディグニティーと呼ばれるもので、

もう一つは、アクシデンタル・ディグニティーと呼ばれるものです。

エッセンシャル・ディグニティーは、置かれている場所に依存した良さ悪さを示します。
アクシデンタル・ディグニティーは持っている力を表します。その働きかける内容は、時と場合によって違います。
作用の出方が異なるといえます。
一般にアクシデンタル・ディグニティーが力を持ち、エッセンシャル・ディグニティーが、惑星「らしさ」を強く与えてくれます。

しかし、エッセンシャル・ディグニティーが力として作用しないのかというと、そうでもありません。時には力となって現れます。

ディグニティーを持たない惑星は、強く働けません。じゃあ、ペレグリンの惑星は、チャートの中で役に立たないのかというとそうでもないのです。惑星がペレグリンになる状態は、とても多いのです。

 

アスペクトでは好きな人に会える。だからといって、相手に強く迫れないかもしれません。星占いに必要なことは、これらの複合されたものを文脈(質問ごと)に読み解くことです。

ディグニティーその II

2011年11月6日改定


エッセイ

エッセイトップ

ディグニティーその II

歴史観を持って学ぶ必要のある理由

唯識論と西洋占星術

マイナス5度ルール

ホームページへ戻る

ホラリー占星術の理論
ホラリー占星術の実占
ホラリー占星術の技術
西洋占星術教室
占星術スクール
占星術教室
西洋占星術スクール
トラディショナルな占星術

占いの館
占い館
占いハウス
占いハウス
電話占い
メール鑑定
占い館
トラディッショナルな理論

日本の西洋占星術が大転換する時期に
さしかかっています
一緒に学びませんか。
それが西洋占星術の発展につながります

占いの館「おひさま」
ホラリー占星術 ブログ
『愛のホラリー占星術』申込み

Copyright © Mr.ホラリー Kuni Kawachi All right reserved.