星占い ホラリー西洋占星術

西 洋 占 星 術 が 関 わ る 本 質

占星学の背景にある本質 項目トップ 伝統的占星学


■ コンテンツ 目次
■ 占星術ワールド
◆ 占星術が生まれた
■ 西洋占星術の誕生
■ 西洋占星術の誕生
■ 西洋占星術を学ぶ姿勢
◆ 占星術による物事の判断
■ 惑星は何故7つ
◆ 西洋占星術の基礎
■ 占星術の基礎 2
■ 惑星の持つ光に付いて
■ 西洋占星術の精神性
◆ 自然科学と西洋占星術
◆ サインの使い方
■ 惑星の図案
■ 星を読むことができると
したら
それを書いたのは誰?
■ 星を読むことが その 2.
■ 星を読むことが その 3.
■ 星を読むことが その 4.
◆ 創造神と、神々の位置
■ エレメントを持つ惑星
◆ 魔術と唯識論
■ 魔術と、霊的な感覚
◆ サインを多用しない
■ 占星術で言うエッセンス
■ 5度前ルール
■ 本質を区分する
◆ 判断の前の考察
■ 心の品質


■ 占い四方山話し
■ パソコンのトラブルを
占星術で解けるか?


スカイプ
西洋占星術スクール
レッスン詳細
レクチャーの概略は
レッスン詳細のページで
お確かめください。

スクール(通信コース)

 ◆ 西洋占星術で言う、本質(エッセンス)

● 占星術の持つ、本質に関わる概念
ここでいう、本質という言葉の定義をすっかり忘れていました。
占星術が関わる本質といっても、占星術そのもの、という意味で書いているのではありません。占星術には本質を区分する考え方があるよ、そういう意味で書いています。

占星術は、物事の本質をどう捉え、どう処理しているか、どう取り扱っているかということです。

 ■ 時間

■ 時: 時間とは何でしょう?
物質でしょうか。それとも、波でしょうか? あるいはエネルギーが変化したものでしょうか? それとも、愛のように感じるものでしょうか? 

時間は、物質の性質も持ち、波の性質も持ち、私たちが感じ取れる性質も持ちます。科学の世界でも言い表されていません。物なのか、性質なのかです。両方とも持っていて、いまだ「?」です。

■ 占星術で取り扱う、エッセンシャル・ディグニティー『もの本質』でも、こと本質に関する限り、ほとんど謎のままです。
ひょっとしたら、理論の外に置かれていて、感じることしか許されない「もの」なのかもしれません。

光、波、愛、時間等、順にこれらの認識しづらい「もの」を揚げてきたのは、占星術では認識できるある段階の「もの」は「エッセンス−本質」を持っていて、それを「7つに振り分けている芸術」だと述べたかったからです。

次の文節までの間には、少し論理の飛躍があります。

■ 7つに振り分ける芸術

◆ 西洋占星術で考えるのは、数では7つです。
物理学では「もの」を110数個の原子という物質に振り分けていますし、さらに原子を細分化し、電子や中性子や陽子レベルで考えて、「場」の理論や「量子(素粒子)力学」等で説明されつつあります。統一場理論というものを追いかけているようですが、なかなか見つからないようです。物理学では、宇宙のミクロからマクロまでをきちんと説明できる、何か「本質的」なものを、探しているような気がします。

● 一方、光は三原色に分けられます。また、光を虹のように7つに分けることもできます。プリズムを使ってもっと細かく分けることもできます。ここで言いたいのは、この世の様々なものには何か本質があって、そのエッセンス−本質を振り分ける方法は一つではないよということです。

本質そのものは「愛」のように捉えがたいものです。それでも、本質は「ある」と考えられる可能性のあるもので、もっと様々な方面の理論物理学が発達していけば説明できるのかもしれません。あるいは、説明できないと証明されるかもしれません。感じることだけしか許されないものなのかもしれません。とにかく、この世の様々な「もの」には何らかのつかみ難い「エッセンス−本質」があって、占星術ではそれを7つに分けてきた事実があります。

例えば、時間を7つに分けています。 エッセンシャル・ディグニティーという言葉は、本質を捉える視点が背景にあることをよく言い表しています。 7つに分けてきた! それが占星術です。海王星や天王星を占星術に惑星として入れ込むなら、それは九つをベースにした別の星占いの体系が要るよと言いたいのです。

本質を7つに振り分ける占星術では、多くのものを7つに振り分けています。
鉱物: これも7つに振り分けます。7つに振り分ける道を選んだ占星術ですから7分類にしかなりません。そこでは、亜鉛と鉛は同じ土星になってしまいます。

全てのものの背後には本質が、「なんと言えばいいのか、張り付く、場のようにある、持っている、支えられている、共有している、どれも正確ではありません」、在るとします。それを古代の人達は、時間にも7つの質を持たせて言い表しています。時間の単位は一週間で一回りしているでしょう。決して海王星の時間も、天王星の時間も、海王星日も、天王星日もどれだけ待っても、一週間の間には巡ってこない事実があります。

 ■ 時間の本質を7つに分けた

◆ 一週間を並べると、月曜日、火曜日、水曜日・・・ となっています」。その他にも、占星術では時間も質を持つと考えています。時間は一日に24回、1時間ごとに質を変えるとしています。日曜日の日の出の刻に「太陽の時間」(太陽の質を持つ時間)が始まります。太陽の時間が過ぎると、次は金星の時間(金星の質を持つ時間)になります。時間の質は、太陽が進むに連れて1時間ごとに変わっていき、質を変化させながら進むと考えているわけです。この質の変化はカルディアン・オーダーという順番になっていて、それは、たい・きん・すい・げつ・どん・もく・か〜という順番です。毎日24回あり、25番目にやってくるのは、次の曜日の日の出の時間です。

カルディアン・オーダーで並べると、太陽の時間が日の出を迎える25時間後、次の日は、月の時間が日の出を迎えます。それが、カレンダーの曜日の並びになります。 これは日の出に基づいていて、世界中を波のように這うように変化しながら移行していきます。 ただ、この24回ある各1時間は、時計の刻む一時間ではありません。太陽が

  • 1.地平線から天頂まで進む間を6等分します。太陽が
  • 2.天頂から地平線に戻るまでを6等分します。太陽が
  • 3.沈んでから天底まで進む間を再び6等分します。太陽が
  • 4.天底から日の出に至るまでを、また6等分します。そのような24回です。
  • ですから、夏と冬の違いを思い浮かべていただくと分かりますけれども、どう考えても時計が刻む正確な1時間=60分とは違います。

■ それぞれの時間という質は、時間の本質の1/7ごとの断片です
昔の人は、あるエッセンスを持ったハーブを、同じ質を持つ時間に採集しました。そうすると、効果が違うことを知っていたのです。ハーブを食べたり飲んだりするときも、質を大切にした時間を選んでいました。時間とエッセンスを重ねて使っていたわけです。

現代人は時間は等質だと思っています。恋人といる時は短く、嫌な人といる時は長く感じても、時間に質があるなどとは考えてもいません。でも、それほど端的に分かって感じる事柄でも、それは感覚の世界のことで、現実の時間は等質なんだとどこかで納得してしまうほど、現代文明の悪い恩恵に浸っているわけなのです… 数字で考えられることには反応し、感覚でとらえられることは、知らずに迷信の類に格下げしているのです。

思い出してください。波も物質ではありませんでした。愛も物ではありませんでした。そんな感覚の世界をも占星術は、物質の世界とはっきりと区別せずに丸抱えしています。それこそ人間的なことなんだと認めてしまっているわけです。ここで考察し始めた時間は何らかの質を持っていて、明らかに人によって、場合によって、感じ方が違っているものです。 占星術では、宇宙にある全てのものは、過去のものも未来のものも、架空であろうと現実であろうと、本質を持つと考えています。現代物理学と違う点は、波も本質を持つし、愛も本質を持つし、金属も何らかの本質を持っていると捉えていることです。そうして、7つに振り分けます。

■ サインのルーラー サインのルーラーは、これらの本質を請け負うべく7つの惑星に始めから振り分けられていて、海王星にも天王星にも振り分けることができないものです。 もし、振り分けるのであれば、当然、時間の支配星も新たに入れ込んで変更しなければならず、一週間も九日で構成すべきこととなります。 九つに振り分けるのであれば、まったく別の考え方が必要となります。

惑星の光 7つの基本的な惑星 学ぶ姿勢 星占いの世界
占星術の本質1 占星術の本質2 精神性 宗教性 自然科学と占星術

2008年 2月23日 


占星術が抱える本質 星占い ホラリー西洋占星術 項目トップ

ホラリー占星術の理論
ホラリー占星術の実占
ホラリー占星術の技術
西洋占星術教室
占星術スクール
占星術教室
西洋占星術スクール
トラディショナルな占星術

占いの館
占い館
占いハウス
占いハウス
電話占い
メール鑑定
占い館
トラディッショナルな理論

日本の西洋占星術が大転換する時期に
さしかかっています
一緒に学びませんか。
それが西洋占星術の発展につながります

占いの館「おひさま」
ホラリー占星術 ブログ
『愛のホラリー占星術』申込み

Copyright © Mr.ホラリー Kuni Kawachi All right reserved.