西 洋 占 星 術 の 思 想

An Elementaly Background of Astrology

伝統的占星学 Portal 項目トップ 戻る


■ 占星術の原理 目次

■ 考え方

■ チャートの4要素
◆ サイン
◆ 惑星
◆ ハウス

■ 判断の3要素
◆ リセプション
◆ ディグニティー
◆ アスペクト

■ 歴史と 占星術師たち
◆ 占星術が生まれた

■ 占星術の基礎 2
◆ サインの使い方

■ 本質を区分する
◆ 判断の前の考察


■ ディグニティーの表
■ 恒星の表
■ Astrolog 6.10


スカイプ
西洋占星術スクール
レッスン詳細
レクチャーの概略は
レッスン詳細のページで
お確かめください。

スクール(通信コース)

 ■ 占星術が産まれた

◆ 占星術が生まれた
■ 西洋占星術の簡単な歴史1
■ 西洋占星術の思想史


● 西洋占星術の簡単な歴史1から

 星々を通して個々の運命を判断する技法が編み出されていくことになります。やがて時代を経て、一部では知られていた地動説によって、16世紀以降にコペルニクスやガリレオが天動説を覆すことになります。アラビアではそれよりも早く、太陽が中心であることを再考しています。それでも占星術師たちは頑なに地球中心のトレマイックな天球に固執します。そう、西洋占星術の宇宙構造はいまだに昔のまま、地球中心の構造で良いのです。それは何故でしょうか。


● 何故、地球中心で良いのか
宗教性を帯びている占星術の天球構造

  占星術は、天文学が過去と決別し太陽を中心とした後も、地球中心の天球に拘り続けています。占いは、このことで矛盾を生じさせることはありませんし、この天球こそがより真実を求め得るものなのです。西洋占星学の宇宙観は、引力や時間の歪みを観察するものではありません。人生を観察するモノなのです。地球中心の天球と、太陽中心のそれは、真実と現実の差と例えられます。


 真実や真理というものは、ある意味永遠性を持つものと捉えられ、現実は実在であり変化してやまず真実とは違います。太陽系の命も永遠性を持っているわけではありません。つまり、太陽中心の天球は現実の世界を映し出していて、真実を表しているわけでは無いのです。


 西洋占星術は真実を掌握するものであり、地球中心の天球は真実を探すためのものです。コペルニクス的な天球は現実を表していて、錯覚の世界である現実世界そのままに、真実を見つけることは稀なのです。


このホームページのトップへ

 ◆ 真実に迫ろうとする西洋占星術

● 「星を読むことができるとしたら、それを書いたのは誰?」
占星術の命題の一つに
「もし占星術が言語であって、私達が星を読み解くことができるのならば、誰が、あるいは何が、それを書いているのでしょう?」
というものがあります。


 それに対する答えは幾つか想定されます。それら、仮定されるどのような答えであっても、星々の位置が何か意味の有ることを語っていると考えること自体、この宇宙の物理的な法則以外の何らかの法則性を認めることになります。古くは、神の存在そのものを素直に信じていた時代もありました。マルシリオ・フィチーノ 風に言うならば、波を見ながら風を把握するように、光を観察しながら神の叡知を感得していたのです。


 古代の人々は、物と物とを結びつける力、人と人とを結び付ける力を、引力等の物理的な力以外の神秘的な力に求めました。


 占星術というのは、星の位置を書き込む誰か、あるいは何かの存在を認めなければ成り立たない芸術です。「天にあるがごとく、地上にも」と言われ、また、「星座や星々は、創造神の使う道具である」と語り伝えられてきた背後に無くてはならない考え方です。


● 星を読むという行為
「星を読むことができるとしたら、それを書いたのは誰?」
という命題にYesの答えを与えるとすれば、それは、私たちに、私たち以外の生命体を予想させ、占星術に与えられたこの命題を突き詰めていくと、西洋占星術が明らかに宗教性を備えていることが理解されてきます。しかしながら、西洋占星術が特定の信仰心を人々に押し付けることもありませんし、すでに持っている信仰を放棄させることもありません。このことは同時に、普遍的な宗教観か、あるいは倫理観を備えていることを彷彿とさせます。信仰心を持たない人々にとっては、西洋占星術を学ぶことそれ自体が、大宇宙生命体とは存在するのか、あるいは、神は存在するのかという大きな命題に取り組むことにもなるはずです。


 西洋占星術が上記の命題の答えを持っているのかどうかを考察する前に、しばらく信仰というものに目を向けてみましょう。信仰、あるいは宗教、又、魔術等の言葉の定義を、仮にでもしておかないと、この議論はあらぬ方向に行くかもしれません。


● 占星術と信仰、あるいは宗教性
星を読み解くことを行為とするなら、占星術を通じて私たちは、知らず知らずに神とコンタクトを取ることになるのでしょうか? あるいは、神以外の何か特別の存在(例えば悪魔のようなもの)と対話をしようと試みているのでしょうか。星の言葉を読み解くという行為と、神々あるいは悪霊とコンタクトを取るという行為とは、他者を想定するというどこか共通性があります。それらとコンタクトを取るという行為が、直ぐさま宗教に直結することにはないにしろ、もしもそうであれば、占星術はかなり宗教性、あるいは魔術性を帯びてきます。


 多くの宗教にはシャーマンに代表されるように、神々とコンタクトを取るという行為が内在します。まったくそれらを行わないように見える禅宗のような形態も存在しますが、それは稀なものでしょう。つまり、少なくとも、神と、あるいは悪霊とコンタクトを取るという行為が宗教には含まれます。


 宗教には、もう一つ祈るという行為が必ず備わっています。祈るという行為は、手を合わせるという自然な形式から徐々に儀式的なものに組み上がっていきます。もっとも、信仰が宗教になる段階で、自分達の求める価値観に従うようになっていくものですから、信仰心と宗教には少し隔たりがあることに間違いは無いでしょう。


「私は祈っていないから、信仰を求めているわけではない!」
本当にそうでしょうか? 
それは、まったく自分の求める価値観に任されるものなのですが、チャートが語っている何かを読み解き知りたいと思う読み手を、語り手と分かつ時に、見えない何かを想定することを信心、あるいは祈りと言うのではないのでしょうか?


 モダンな占星術の基礎を築いたアラン・レオが傾倒した、神智学協会の創設者の一人であるヘレナ・ペトロヴナ・ブラヴァツキー夫人の提唱したものは、信仰心を基にして万人が尊敬しあえる世の中です。彼女の残した「神は法則である」という概念は、とても幅広い宗教性を認める言葉です。神智学協会によれば、よしんば信仰心を持っていないにしろ、何ら咎められるべきものではありません。


 宗教性の定義は捉えどころがないことは明らかですが、ここまで考えてきたことをベースに、更に先に掲げた占星術に対する命題に関する考察を前に進めるためには、ここで語る宗教性という言葉の定義をまとめておく必要があります。宗教性という言葉の正確な定義はとても難しいことだと思います。悪霊とコンタクトを取らない事までも含めると、とても膨大な定義が要りそうですが、あくまでも、これまでに述べた観点から観察しての一応の宗教性の定義です。


 [1] 神(あるいは神々)と何らかのコンタクトを取る(取ったことがある教祖等がいた)。
 [2] 祈るという行為、あるいはそれに準じた行為が備わっている 。


 「星の言葉を言語として読み解く行為をする」ということは、語っている他者を想定していますから、明らかに[1]の宗教性に類似した行為の一つです。
他者を想定するとか、形を整わすことがなくても、心の中で歓びを感ずるとか、教えてくれた対象に感謝するとか、ありがとうと言う気持ちを持つだけでも[2]の形態の一つに入ります。


 このような観点から、西洋占星術が宗教性を備えていることは明らかなのです。しかし、宗教性を備えていたとしても、それは即、宗教ではありません。宗教となるには、更に、組織性、教える人(教主)、教義等の宗教が持つであろう必要事項の考察もしていかなくてはいけません。実占の場で鑑定を行っている人々は、占星術が持つ宗教性なぞ考えたこともないのが本当の所でしょう。でも、悪霊や悪魔が答えを教えてくれているとなると大問題になります。悪霊や悪魔が教えているのかも… という考察をここでは行いません。更に、ややこしくなります。


 占星術そのものは、宗教ではないと思います。それでも、かなり信仰心を呼び覚ます行為であることは間違いありません。それを、私は、決して悪いことではないと考えています。占星術のように、一つの学習が必然的に「ありがとう」という感謝の気持ちを抱かせる学びは、それほどに多くないと思いますし、神々から絶えず示唆を受けているという気持ちを抱かせるものも、これまた少ないと思います。


 占星術は、神の言葉を読み解くという行為と、祈るという行為が揃ってしまうために、極めて宗教性の高い行為です。この二つ(祈ることと神の言葉を仲立ちすること)は、占星術の中で、とても手を握り易い距離にある事柄だと見つけることができました。そして、占星術も宗教も同じような大きな命題、「私の人生の意味は何ですか?」 に直面していることを考えると、やはり両者は類似のスタンスに立っているものだと言えます。


 学んでいく途上で一見、宗教と見まがうかもしれないものを含んでいるのは、地球中心の占星術の天球に始めから神々の位置が想定されていて、占星術がもともと真理を把握することを目指した学問として成立してきたことを物語っています。また、占星術の法則は論理的に出来上がっていますが、それは、現代の科学とは明らかに様相を異にしています。では、その法則の違いとは、どのようなものなのでしょうか。


 ◆ 因果関係に基づくものと、対応関係に基づく学問

 ここでは、西洋占星術を際立たせるために、因果関係と対応関係を区分して考えを先に進めます。因果関係と言っても、仏教的な概念で使われているわけではありません。ここでの定義です。少し乱暴な区分ですが、この考え方を推し進めることによって占星術がこれまでよりも明確になってくると考えられますので、因果関係と対応関係について述べてから、古典的な科学と現代の科学の「科学」という言葉の定義を見ていきます。


 養老猛司氏(東京大学の脳生理学者)は、因果関係と対応関係を混同しないことの重要性について次のように述べています。養老猛司氏の思考方法のある区分は、下記のようなものです。


 「Aという事象が成立した後に、Bという事象が成立する。」 という観測データが多く得られた場合、Aを条件として発動するメカニズムが機能して、Bという結果が形成されると考えるのが、因果関係的思考だとします。こちらが一般的に今日、科学とされるものです。現代の科学は因果関係を基にする学問です。


 それに対して、
「Aという事象が成立した後に、Bという事象が成立する。」 という観測データが多く得られる場合、AとBには対応関係があるので、Aが存在すればBが存在することを推測出来ると考えるのが、対応関係的思考です。


 二つの思考方法で区分すると、現代の西洋占星術は対応関係に基づいて推論をする学問となります。人の生き方についても、「夫婦は一対の反射鏡」であるとか、「物はそれを感謝する人に集まる」とか、あるいは「今の自分を変えれば、未来は変わる」などは、この対応関係に基づく推論の方が多く為されています。占星術とは、対応関係を土台とする精妙な感覚的学術(アート)であって、因果関係を土台とする緻密な数学的学術(科学)ではありません。


 ここで申し添えておかなければならないことは、感覚的学術(アート)で述べる感覚について、第六感と呼ばれるものが入るわけではなく、一般的な五感までの感覚として制限しておきたく思います。論理的な思考をしていくと、ある段階で論理を超えた答えが飛び込んでくる場合もあります。その場合でも、物理学者が突然数式を夢の中で得るように、時間の経過後に論理も伴うような範疇に入るものまでの感覚のことを言います。


● 古典的な科学と、現代の科学
古典的な科学と、今日の科学には概念上の違いが歴然として存在しています。古代、「科学」は、対応関係にも因果関係にも用いられた言葉でした。17世紀頃まで占星術は(古典的な意味で)、科学として語られていました。急に暖かくなってきたから雨が降るであろうというのも科学で、木星が月と天頂でコンジャンクションするから雨が降るであろうというのも科学でした。ですから、古代には、今日では全くナンセンスとしか思えないような、星を使って地震の予測をするというものも科学の範疇に入るものでした。


 17世紀以前、ヨーロッパでは医学も同じ要素(エレメント )で語られており、医術的な事柄も占星術と同じ科学の範疇に含まれていたのです。蘭学と称して江戸期の日本に入ってきた医学も、同じくヒッポクラテスの流れを汲む体液説(エレメントで語られる)に基づく医学でした。これら全ての分野は、ギリシャ哲学での同じエレメントという言葉で説明のできる、あらゆる空間で繰り広げられる事柄の一つだとしていたのです。


 それに対して、ヨーロッパ中世《啓蒙運動》以降は、証明できる体系こそが科学とされ重要になっていきます。「科学」はそれ以降、対応関係に属するものを科学と区分するようになりました。


 西洋占星術は、現代の科学とは違っていて、対応関係をひも解く学問です。天の星々の位置と、我々の社会生活との間に物理的な因果関係はありません。占星術では、太陽の位置と季節の変化に因果関係があったとしても、それも一つの対応関係として捉えるものです。例えば、水星が逆行しているから書類上の間違いが増えるというような物理的な関係は全くありません。間違いは常に起きていますが、水星が逆行の時にはより書類上の間違いに注意が向くというだけです。また、太陽が獅子に来れば熱いのかというと、南半球では決してそうはなりません。


● 科学的態度
科学的態度に付いても、一言書き添えておきたく思います。科学的態度というのは論理的な思考の積み重ねと言い換えられ、科学的態度そのものは科学でありません。今日の科学というものに目を移すと、理論物理学のように、科学的な観測データから得られる結果に基づき推論を重ねること、その推論から宇宙の構成とはこうであるかも知れないと考えることも科学となります。その理論を組み立てる過程や、数学的な論考をする中で科学的態度が取られるわけです。その他の概念上の捉え方もあるかもしれませんが、これが、今日の科学的態度とされるものです。


 しかしながら、西洋占星術的な感覚というものは、論理で説明できない面も備えています。そうだとしても、先に述べたような科学的態度で臨んでいただきたく思います。占星術の論理で、とっぴな理論を展開しても良いというのは科学的な態度とは言えません。過去に論証された方法から、あるいは法則から、それらを踏まえて新たな推論を行うことこそが科学的態度と呼べるものです。そうであれば古典的な占星学を学ぶことは、その後の推論を行う上で決して間違った態度ではないはずです。それでこそ、科学ではありませんが、科学的な態度で取り組んでいると言えるでしょう。


● 科学と占星術
従って今日、科学と占星術は明確に区分しておかなければいけません。占星術の論理を使いながら、判断をする道程で各種の推論を科学的態度で行なったとしても、科学と占星術には明確な区分があります。占星術は今日の科学ではありません。もしも占星術が科学であるとするならば、その理論によって惑星の動きの様々な領域を説明できるはずです。また、重力の理論や、空間の理論も説明できるはずです。しかし、占星術ではそれらを行っていません。かつて惑星のロープ理論というものが提唱されたことがあります。目に見えない、いまだ発見されていない物理的な惑星の力が、宇宙を、そして我々を、地上の動植物を操っているというものです。そういうものは存在しません。また、占星術は未だに地球を中心とした天球を使い続けていますから、物理学に参入するのは土台から無理なのです。占星術は対応関係を紐解く学問です。


このホームページのトップへ

 ■ 魔術、または、霊的な感覚と占星術

 感覚という領域から捉えると、占星術の回りには霊的な感覚や、スピリチュアルな部分や、魔術と呼ばれる領域が広がっていきます。今日、その言葉の定義を無視して占星術の話を先に進めることは乱暴に思える時代に入ってきた感があります。そこで、一応、魔術と占星術の区分・定義付けをして、占星術が霊的な分野や、魔術に迷い込んでしまうかもしれない部分を抑制しておきたく思います。世の全ての占いは、その時代の人々の欲求を避けて通ることをしてきませんでした。ですから、スピリチュアルな感覚は時代の要請であるので、付け加えることを模索するべきだと考えます。


 もちろん、霊的な感覚や魔術的な能力をお持ちの方は、そのような能力の分野に入って行っても構わないと思います。しかし、霊的な能力、あるいは、高い五感を超えた知覚力を持たない私達は、持ち合わせていない感覚の領域へは飛び込まずに済むようにしておきたいと思います。


 西洋占星術は魔術ではありません。しかしながら、古代から、占星術と魔術の間にはシームレスに移行できる段階があるように思えてしまいます。それはどのような段階なのでしょうか。ここでも、話を先に進める上で魔術という言葉の一応の定義は必要です。


 占星術を知らない門外漢が外側からこれを眺めた場合、論理を超えた判断をしているように見えるか、直感的なある種の手法によって判断をしているように思え、魔術のように目に映るものです。ここで展開する西洋占星術の理論は、極力魔術的要素・霊的な要素を省いています。そのために、ここで魔術の定義が必要になってきます。魔術という言葉そのものの定義は、おそらくかなり複雑なものになるでしょうし、ここで行う魔術の定義とかけ離れているかもしれません。


 ここでの魔術の定義は、20世紀の始め頃、ある儀式的な魔術を学んだディオン・フォーチュンによる定義に少し変更を加えています。噂によれば、彼女はアリスター・クローリーの魔法の定義に何かを加えたようです。彼女は魔法を「意志に従って、意識の中に変化をもたらす芸術」と定義しました。ここでは魔法ではなく、魔術として、「物事を好転させたいと願い、意思を関わらせて、霊的な感覚を使い、霊的な世界と直接的なコンタクトを取ること」と一応定義している、ロバート・ハンド氏のものを参照しています。霊的な感覚とは、一般の人々が感じられない感覚で感じることのできる知覚力であると、これも定義をしておきます。また、霊的なコンタクトを取るとは、占星術師なり魔術師なりヒーラーなり依頼者なりの直接的な意思を、何らかの宇宙に存在するモノと関わらせることを指します。


 占星術のジャンルの中にも、極めて魔術と見まがう奇妙なテクニックが存在することも事実です。それは、良い時間を選ぶ占星術、イレクショナルな占星術と呼ばれるものです。物事や事態の好転を意図して、星の位置が最良になる時間を選び出すものです。そこでは、前述した意思を関わらせていること、物事を好転させたいと願う事には関わっています。しかし、霊的なコンタクトをイレクショナルな占星術で取ることはありません。


 西洋占星術の世界の中にも、惑星の力を借りるか、悪い惑星の力を避けるために護符やお守りを作った占星術師は歴史上存在します。また、単に水星が逆行しているから物事の判断を先延ばしにしようというものも、惑星の霊的な力(信じている本人は物理的な力だと思っている)を信じる魔術的な行為です。惑星はそのような霊力を持ちません。そのように、惑星の物理的と思われる力を五感意外のものに広げて信じる事は、かなり魔術に近いものです。その理由は先に掲げたように、惑星は未発見の人生に影響を与えるような物理的・霊的な力を持たないからです。これらの考え方は、一応省いて考察していくことにします。


このホームページのトップへ

 ◆ ネイタル占星術と、ホラリー占星術

 ネイタル占星術とは、人の誕生時間に基づき判断をする占星術という意味です。ホラリー占星術とは、誰かが質問をして、その質問を占星術師が理解した時間に基づいて立てられたチャート(ホロスコープ)を判断するものです。イレクショナルな占星術とは、基礎となるネイタルのチャートやホラリーのチャートがあるとして、クライアントがあるプロジェクトに有利な時間を探し出して欲しいというような要請に応える占星術のジャンルです。この他にも様々な占星術のジャンルがあります。ここでは、ネイタル占星術とホラリー占星術に絞って議論を前に進めます。


 西洋占星術の黎明期に、ホラリータイプの占星術的予測は、ギリシャ語で「カターキ」という用語で呼ばれていました。この語の文字通りの意味は「始まり」です。カターキは、(ものごとの発端(inception))という性質を持ちます。また、語義にはイニシアチブを取るという意味も含まれています。このことから、良い時間を選ぶ(election)という性質の占星術が、必然的にこれに付随して行くことになります。


 カターキ」は、パルチャスという占星家が活躍した時代、5世紀のギリシャ文明の後期までに既に事実上衰退していき、アラビアの占星術は、ホラリーの質問、イレクション、およびインセプション(ネイタル)として分別された語になっていきます。アラビア語で分類された時代に、カターキという用語は占星術から消えうせたようです。
※ジェフリー・コーネリアス


 ここで見てきたように、初期の占星術の概念の中にはイニシアチブを自分自身が取れるという意味が含まれていたことが明らかです。一方で、誕生に基づく占星術のように、運命は変えられないとする考え方も根強かったのでしょう。


● マニリウスの「天の聖なる学」 アストロノミカ
西暦元年、ローマのマニリウス が占星術を背景にした抒情詩、『アストロノミカ』を書きおろしました。彼の抒情詩は、当時の占星術を背景にした理論と考え方がふんだんに盛り込まれています。残念ながら、今日でも使える法則と全く合致しているとは言えませんが、ハウスの概念が出来上がっていたこと、ハウスには番号ではなく個別の名称が与えられていたことなどが伺われます。すでに太陽のある宮の影響よりも、東の空に上って来るサイン(当時は星座)が強い影響力を持つという考え方がありました。


 太陽星座占いよりも、アセンダントに上昇する星座を大事にする占星術が発達していたことを知る事ができます。今日でも、古典的な占星術は、上昇のサインを大事にします。それによって様々な判断が行われています。


 2世紀には、クラウディオス・プトレマイオス が、古典的な占星術の本、『テトラビブロス(4部の書の意味)』を書き記しています。この本は現在でも西洋占星術の最も信頼される原典とされています。しかしながら、全く顧みられていない章も中にあります。プトレマイオスは、物理・数学の書である『アルマゲスト』の中に記した地球中心の天動説を唱えていて有名です。この学説は16世紀にコペルニクス が地動説を唱えるまで、ヨーロッパではキリスト教会が認める考え方でした。如何に宗教の影響が大きかったかも知る事ができます。ガリレオが有名な裁判にかけられ(1615年)有罪の判決を受けたのは、コペルニクスの本が出た90年後、17世紀(1633年)のことでした。ひじょうに長い時間がかかっています。


 占星学の一派の中には、宿命論的に、運命は誕生時に決まっているとするものもあるにはあります。マニリウスは、「宿命こそが世界を支配している。この世の一切のものは不変の法則によって定められており、人生で起き湧くあらゆる出来事は、誕生の時間と宿命的な繋がりを持つのである。」などと書いています。ストア学派の占星術は、どちらかというと宿命論的で、人は生まれによって全ては決められていて、変化させることなど不可能という考え方が入っています。マニリウスの書いたアストロノミカはこの宿命論的な傾向を持った抒情詩です。


 古来、占星術には運命は変えられるという流派と、運命は変えなれないという流派の二つが絶えず歴史上存在していました。この二つの考え方の決着など、決して付かないと思います。人生のイニシアチブは自分自身で取れる。それが私の実感であり、誕生時のチャートに表れていない事柄なども、当然のように出て来るものと考えています。


 では、何故、星の位置を決定できるほどの力が、人間の心に、人間の魂に宿っているのでしょうか。この問いへの回答は、占星術の生まれた国々で輪廻転生観が当たり前のように捉えられていたことを知る必要があります。古代、赤ん坊の誕生というものは、それぞれの魂に相応しいように、その時と位置を選んで生まれてくるのだと考えられていました(これにより惑星の配置が決定される)。そういうシステムになっていることを信じていたことは、神話の中にも登場します。


 神話にあるように、ミューズの三人の女神たちは、その魂に相応しい誕生時間を選びその魂に与えるとなっています。また、前世があるのなら、星の位置を決定させる魂が存在するはずです。そして、前生があるからこそ、平等とは言いがたい様々な異なる生まれを形成する説明ともなります。


 前節で述べた輪廻転生観は、占星術の至る所にちりばめられています。星々は毎日西方の地平線へ亡くなるように沈み、また同じような形で次の日に東の空から生まれてきます。この規則正しい日々の回転は、古代の人たちに生まれ変わりの思想として捉えられてきました。星座たちも毎年、同じ時節に同じ形で生まれてきます。エジプトのピラミッドは、良い転生を目的とした王たちの要請によって作られたものです。それは掘り出される埋蔵品によって次の生の幸せを願っていることで示されています。


 次の生があるとしたら、次の生が良くなるように様々な工夫をして生活すべきなのは当たり前になるでしょう。占星術は、このような古代の考え方を備えて発達してきたものであることから、この人生を通して、来生も良くなるように生活する規範が背景にあることは容易に想像できます。だからこそ、人生のイニシアチブを天ではなく、人間自身が取ろうとするものなのです。


 宿命論的な誕生のチャートのリーディングでは、人生は決まっていて、その人生を変えることはできないことになります。又、全てが言い当てられることになります。


 逆に、人生は変えられるという考え方に立つと、星々が私達を操っていることは無いということになりますから、私たち自身が星々の位置を決定して生まれてきたことにもなりますし、次の生では星々の位置を今生とは全く違った位置に置くことさえも可能な人生の歩み方もできることも示唆することにもなります。そこには、この生の中で、天の描くであろう当然の運命の軌跡を既に踏み外すこともできるという啓示になります。だとすれば、人として次の生を良くしようと踏み出すべきか、次の生を単にこの生の延長上で構わないとして歩み続ければよいのか、自ずと答えが出てくるはずです。


 良い事をすれば良い事が還ってくるのは事実です。悪い事をすれば悪い事が返ってきます。この証明は他に譲るとして、次の生の星々の位置を決定するには、今が大事なことが分かりました。実は、今が変われば来生を待たずに、今生の星の位置も変わっていくはずです。なぜなら、心(魂、思い、感情、精神性、愛着等)が惑星の位置を決定する何らかのパワーを備えているはずだからです。次の生の惑星の位置を変える力は、この生のうちから作用するはずです。その集大成が、「死」であるだけです。


このホームページのトップへ

 ◆ 占星術唯識論

 占星術は唯識論に非常に近い概念を持っています。私の考える占星術は、星によって操られる私たちを読み解くのではなくて、星々の位置は、私達の心が繰り広げる心象が展開され、そして天に投射される映像だとするものです。心の映像ゆえに、読み取れるものとして判断するのです。この積極的な自己中心主義は、映し出される星の位置に捉われずに成長ができることにつながっていきます。


 星の位置によって人生が操られているのなら、星の位置は誕生時に決定的ですから、その配置は人生の最後までその人をコントロールするでしょう。まさに、星の動きにつられてそうなるはずです。しかし、私達の習う占星術ではそうではなく、人生のイニシアチブを取るのは常に自分自身だと考えていいものです。星の位置は、誕生時でさえ、自己の心の表れに過ぎないのです。


 西洋占星術とは、簡単に言えば、星の言葉である象徴を問題に沿って解釈する、翻訳をすることです。ギリシャ人によって遺された純粋で合理的な占星術の原型は、プトレマイオスの残したテトラビブロスに残されています。しかし、そこには西洋占星術の初期の形態の占いカターキー等、占星術の歴史的な痕跡は残されていません。したがって、その中に書かれているものは、ホラリー占星術と整合性は持ちません。プトレマイオスは、ホラリー占星術と名指ししないまでも、好ましくない占星術の形態も存在していると述べています。


 テトラビブロスの記述のせいで、ホラリー占星術を真面目に取り扱っていない占星術師は歴史を通して幾人も登場しました。その論に沿ってホラリー占星術を取り上げると、ギリシャの占星術の持つ論理に沿わない問題が幾つか出てきます。その「何か特別なもの」を突き止めることが占いの源形態を蘇らせてくれるであろうと、20世紀の占星家、ジェフリー・コーネリアスが研究しています。彼の論文は、テトラビブロス以前の長い間の占いの歴史的展望を含んでいます。


天と地上との対応
西洋占星術では、天と地上に対応関係が生じると考えます。しかしながら、この対応関係は、時間的にも空間的にもかなり幅を持っていて、生活上で経験するような性質とかなり隔たりがあります。同じ様なこともありますけれども、趣の違う領域に属するものもあります。惑星と惑星がある距離を保ちながら近づくことで、物事が成就するというような意味で捉えることがありますし、また、同じ状態を物事の性質を表しているとも捉えます。


 このような天の星々と地上の事柄の対応関係を捉えていく判断の経験を積んでいくと、やがて、見事に占星術的な対応が成り立つことに気付く時期がやってきます。すると、宇宙には何か別の生命体が実在していて、星々と我々を采配しているとしか思えない、そう捉えざるを得ない瞬間が来ます。その神々しい出会いを経験するならば、誰しも真理そのものを探究してみたくなるでしょう。


 占星術を学ぼうとする方々の全てが、始めから真理を把握したいが為に占星術を志したのではないのは至極当然のことです。学び始める動機が如何なるものであっても、神秘的な対応関係で星々の位置が形作られていることを何度も経験すると、ひょっとしたらそこには真理が横たわっているのではないかと思い始めます。そういう瞬間が必ず来ます。そこで気が付くのは唯識論的な世界観ですが、それにもまして、自然と、大宇宙に対する敬虔な思いが湧くものです。


 星々が私たちを操っているのではありません。ひょっとしたら私たちの心が、神や大宇宙の生命エネルギーに感応し、そして惑星の位置を決定しているのだと思えるようになるのです。天に置かれた惑星の位置には、対応している心があるのです。確かに、簡単に読めるチャートと、難しいチャートというものがあります。どうして、そのような差ができるかは分かりません。


 しかし、対応関係が天と地に生じていることを経験すると、何がそうさせるのかを考えるようになります。この疑問に至った時に、あなたは真実とか、真理と言われるものについて、占星術を通して考え始めることになります。それはそう遠くない未来にきっと始まるでしょう。天と地の対応関係を味わったならば、あなたは真理の片鱗に今一歩近づきたい、もう少し強く触れてみたいという欲求を持ち、それを求める気持ちは、占断による確信と共に徐々に大きく膨らんでいくことでしょう。


 この世は、因果関係的な説明だけで全てを理解できるように形作られているわけではありません。愛、情熱、美しさ等、数学的には把握できない事柄もたくさんあります。これらは体験せずには理解できません。元々宇宙には、因果関係も対応関係も超えた偉大な法則が存在しているのだと思います。ある人は単純にそれを真理と呼ぶかもしれませんし、他の人はそれを、神の存在を示唆するものだと捉えるかもしれません。


このホームページのトップへ

 ◆ 西洋占星術と光

 海王星や天王星は、占星術上あまり重要な役割を持っていません。本に書かれることによって、それらの外惑星はさも重要な役割を持っているのだろうと思われるようになりました。これから説明していきますが、西洋占星術ではエレメントを持っていない惑星はあまり重要ではないのです。数十年単位で動いている恒星でさえ、充分な光を放っているのにコンジャンクションという特殊な位置に来た場合にのみ考慮することになっています。だとすれば、見えない惑星、充分な目に見えるほどの光を放っていないエレメントを持たない惑星を、私たちはどう捉えればいいのでしょう?


 そう考えてみると、光についての考察は西洋占星術を探る者として、避けて通れない命題になります。


西洋占星術では、なぜ、可視光を大事にしてきたのでしょう?
マルシリオ・フィチーノによれば、それは、目に見える光を、二次的なものと認めていたからです。光を二次的なものとすれば、光によって見える物体は三次的なものと考えることができます。最初の光とは、一次的な光とは何を指すのでしょうか?


 マルシリオ・フィチーノは、一次的な光を神の叡智の光と捉えました。それは神のものであり、神的な光であり、それは一種の真理としての純粋さを持ったものとしたのです。その叡智を我々は可視光によって感じようとします。二次的な可視光を通して、一次的なものに迫る態度が必要なわけです。波を見て風を感じるように、可視光を見て神の光を感じようとするわけです。光を放たない天体は、この論に沿って捉えるとどうなるのでしょう?


 この考え方だけが正しいというわけではありませんから、別の考え方を持ってこざるを得ないでしょう。「宇宙にある全てのものに意味がある」という答えも想定されます。宇宙にある全てのものには、確かに意味はあるでしょう。そのことと、「宇宙にある全てのものに占星術的な意味がある」、ということは違っています。その場合、占星術的に考察されてこなかった重要な対象物は、何故考察されていないのかを明確に述べる必要があります。例えば、ガリレオに望遠鏡で始めて発見された木星の衛星等についてもです。


 真理を放つ一次的な光を可視光以外に求める時に、西洋占星術は様々な展開をしたり、また、拒絶したりすることになります。一次的な光を神の叡知とすれば、可視光を放つ惑星の位置は二次的なものです。私たちは、天体を二次的な光を通して認識していきます。


 ◆ 外惑星と、西洋占星術の天球

 光に付いての考慮をとりあえず先に伸ばし、私達は、先の図に天王星や海王星を入れ込む余地があるのでしょうか? すると、答えは『ある』ことになります。どこかというと、場所としては恒星の天球に入ります。恒星に付いて初期の占星術は、あるいは17世紀まではどのように捉えていたかというと、先ほども述べたように、コンジャンクションのみを考慮してきました。


 考えてもみて下さい。100個程度の恒星が考慮の対象となります。これらの全てを、惑星の置かれているサイン位置でどのようなアスペクト関係にあるかを考えていくとすると、それは大変繁雑な作業となるはずです。恒星たちは光を放っているのにです。もちろん、先達たちはそんなことをしていません。恒星はコンジャンクションのみを考慮してきました。恒星どうしの置かれているサイン同士を考慮することもありませんでした。光り輝いている、目に見える光を持っているモノに対してさえ、それほど厳しい限界を設けていたのです。


 光を放っていない外惑星に対する考慮は、その程度が適当なのではないでしょうか。この考え方以外では、基礎となっている西洋占星術の天球に彼らを入り込ませられなくなってしまいます。


 もしも、天王星や海王星の天球も増やすというのであれば、アスペクトの考慮もできるようにはなるはずです。しかし、今度はエレメントをどうするの? ということになってしまいます。また、太陽が中間者にならなくなります。太陽は王です。王が王の位置を取れなくなる天球図では、コンバストを想定することができません。基礎は基礎です。この基礎は西洋占星術の基礎として、何人たりとも動かすことができないはずです。また、動かすとすれば、動かすための哲学が必要となるはずです。遠い昔の人達が、精魂を注いで西洋占星術の基礎を作り上げた時のように。


このホームページのトップへ

 ◆ 運命の予見

 運命は予見することのできないもの。自己の努力や、逆に自堕落によって変わってしまうのなら、占星術は当てにならないものなのでしょうか? 西洋占星術には、ホラリー占星術という分野があります。質問の瞬間、あるいは占星術師とクライアントが何らかのコミュニケーションを通して、質問の質を占星術師が理解した瞬間と場所で建てたチャートを読み解くものです 。


 運命は変わるとしても、一気に変わるものではありません。質問という言葉の通り、問い合わせには必ず「質」が備わっています。不動産に対する質問と、彼/彼女とのメールでの質問では、明らかに時間の「質」の違いがあるでしょう。


 運命が好転していくなら、例えば、将来仕事をしたいとして占ってもらい、その時のリーディングが指導者としての資質を疑われるようなものでも、数年後に再度占うと、経営者としての能力が備わっているということもあり得るわけです。確実にそれは起こります。


 恋愛ではそのような変化は滅多に見られませんが(あるには有る) 、事業の推進や、土地建物の利用方法、賃貸借、不動産の売買については、かなり頻繁にその人の生き方が徐々に反映されていきます。


 未来は変えられないのか、決定しているのか、変えられるとしたらどうしてかという命題に対して、占星術はこのような答えを持っています。未来は変えられます。


このホームページのトップへ

 

そして

 


エッセイ 大鏡の扉へ 項目トップ 戻る

ホラリー占星術の理論
ホラリー占星術の実占
ホラリー占星術の技術
西洋占星術教室
占星術スクール
占星術教室
西洋占星術スクール
トラディショナルな占星術

占いの館
占い館
占いハウス
占いハウス
電話占い
メール鑑定
占い館
トラディッショナルな理論

日本の西洋占星術が大転換する時期に
さしかかっています
一緒に学びませんか。
それが西洋占星術の発展につながります

占いの館「おひさま」
ホラリー占星術 ブログ
『愛のホラリー占星術』申込み

Copyright © Mr.ホラリー Kuni Kawachi All right reserved.