星 占 い ホ ラ リ ー 西 洋 占 星 術

 ア ス ペ ク ト  II

星占いのページへ


■ コンテンツ
◆ 占星術の考え方
■ 西洋占星術スクール
 出版している本
◆『愛のホラリー占星術
◆『星の階梯 I?』
◆『星の階梯 II?』
 PDFダウンロード
◆ 用語解説

■ 本 リンク
■ その他 リンク
◆ メールマガジン
◆ 星占いテクニック Blog
■ エフェメリス
■ HP作成者


■ 占い四方山話し
■ パソコンのトラブルを
占星術で解けるか?


スカイプ
西洋占星術スクール
レッスン詳細
レクチャーの概略は
レッスン詳細のページで
お確かめください。

スクール(通信コース)

 ■ 星占い(西洋占星術)で用いられる アスペクトは、始めに、サイン同士のことからスタート

■ アスペクト その II

アスペクトについて書かれた多くのテキストに、それは サイン同士でのこと であると書かれています。
マニリウスのアストロノミカ(1世紀)しかり、トレミーのテトラビブロス(2世紀)しかり、アル・ビルニ(エレメント・オブ・ザ・アート1029年)しかり、グイド・ボナタス(リバーアストロノミア1491年)しかり、イブン・エズラ (ビギニング・オブ・ウィズダム1148年辺り)、等々。ケプラーがマイナーアスペクトを提案する(1602年)まで、ずっとず〜っと占星術の歴史を通じて、アスペクトはサイン同士のことでした。どうして惑星同士のことになってしまったのでしょう? でも、でも、ですね、アスペクトと思われている中の一つだけは昔から、ずーっとこれも遠い昔から、サイン同士のことではなく、惑星同士のことでした。それはコンジャンクションのことです。アスペクトは『ちらりと見る』という意味です。自分のまつ毛が見えないように自分自身を見られないのでコンジャンクションはアスペクトの概念を外れています。そこでコンジャンクションのみ、惑星同士のことになっていて、そしてテキスト類は口が酸っぱくなるくらいにこの点に注意を添え、「コンジャンクションだけはアスペクトじゃないからね」と書いています。

ほら、 コンジャンクションは惑星同士のことです。 (コンジャンクション=惑星同士のこと)
コンジャンクションはアスペクトじゃないからね。 ( コンジャンクション≠アスペクト)

惑星同士のことは、アスペクトじゃないからね。 (惑星同士のこと ≠ アスペクト)

どんな学問でも発展させるには基礎が大事だと思います。天文学では数学の能力がきっと普通以上に求められると思います。占星学(あえて学にしました)も基礎があり、その上に様々な神殿がうち建てられているのは想像に難くないでしょう。そして一つの分野の学問を発展させるには、基礎が不充分ではいつか倒れてしまいます。どんな学問でも同じです。では占星学の基礎とはなんでしょう。基礎全体の概要はつかめないにしても、アスペクトはその中の一つだと考えられませんか? 

 ■ アスペクトの概念

アスペクトという概念は、三つのものが組み合わさっています。

  1. A.サイン同士のアスペクトが基本にあります。
  2. B.惑星同士の、オーブによる考慮がなされます。
  3. C.惑星の動きによって、完全なアスペクト(角度による)になるかならないか、
    の考慮が加わります。このC.が曲解されたのでしょう。

占星学上の矛盾は大古、今よりずっと少なく調和がとれていました。アスペクトというのは、サイン上の事柄がベースにあって、トラインであれば全て同じ性質のサイン同志で起こります。白羊宮は Hot & Dry なサインとして、Hot & Dry な獅子宮、人馬宮とアスペクトします。同じ性質どうしですから調和がとれます。この両サインに惑星が一個ずつ入っていれば、それはアスペクトでした。オーブは限りなくサイン全体に及んでいました。しかし、タイトであればあるほど影響力も強いことをも認めていました。これが120度が調和がとれているという理由です。

つまり、一方の惑星が白羊宮の28度にあり、もう片方の惑星が獅子宮の2度にあって、角度上94度のクォータイル・アスペクトしているように見えても、白羊宮は Hot & Dry 、獅子宮も Hot & Dry ですから、この場合トライン・アスペクトしていると捉えなければいけません。

120

90度のアスペクト、クォータイル・アスペクトはHot ともう一方は必ず Cold のサインどうしで起こります。つまり白羊宮の29度と巨蟹宮の2度にある惑星とはスクエアア・スペクトで、そのサインの性質が異なっていることで調和を欠きます。

90

 

 ■ アスペクトしない

では、角度差は122度となる、白羊宮の29度と処女宮の1度では、どう考えていたのでしょう? サイン同士のアスペクトでは150度の位置ですから、アスペクトしていないとして扱ってきました。今でも、そう扱わないと読み間違えます。それぞれ隣同士のサイン(30°)もアスペクトしません。

これらを専門用語で、アバーション(Aversion:嫌悪、反感)にあると言います。

■ オポジション

アスペクトのうちのオポジションですが、Hot なサインと Hot なサインどうしで起きています。親和性はどう考えたらいいのでしょう? ここに書いたアスペクト全ての事柄は、マニリウスのアストロノミカ、トレミーのテトラビブロスに詳しく述べられています。このオポジションですが、親和性はあると書いてあります。と同時に、サインどうしをよく観察すると、巨蟹宮と磨羯宮ではあまりにも季節が違いすぎる夏と冬だ・・・だからそこでは親和性が無いし、一方秋と春では、季節こそ違うが太陽が昼に留まる時間は同程度であるから、かなりオポジションといえども親和性があるのだ・・・と書かれています。つまり、オポジションは、サインによってかなり親和性に違いが出る位置と捉えられているようです。

情報の量に惑わされて、これまでも少ない情報の中に真実が在ったかもしれないのに、それが見過ごされてきました。日本語の本に書いてあるから・・・が、そんなに重要な事でしょうか? これからも、活字になったものはそうやって人々を惑わし続けますが、それも人の世ならではのことです。

情報の質にも目を向けるべきですが、これはとやかく言うより、自分で確かめるしかないでしょう。
疑問に思ったら確かめることです。それが英語でもギリシャ語でも、他に手がないか、先生がいらっしゃれば先生におたずねになり、どんな本を読んだらいいか確かめるべきです。
そして実占に際して、実例を使って調べてみるという態度で臨むのが良いと思います。


アスペクト そのI
アスペクト そのIII
2008年3月5日(水曜日)


エッセイ
この読み物のトップ
歴史観を持って学ぶ必要のある理由
ホラリー占星術とは何か
唯識論と西洋占星術
リンク ホームページへ戻る

ホラリー占星術の理論
ホラリー占星術の実占
ホラリー占星術の技術
占星術スクール
占星術教室

電話占い
メール鑑定
トラディッショナルな理論
トラディショナルな占星術
西洋占星術スクール

日本の西洋占星術が大転換する時期に
さしかかっています
一緒に学びませんか。
それが西洋占星術の発展につながります

占いの館「おひさま」
ホラリー占星術 ブログ
『星の階梯 I 』申込み

Copyright © Mr.ホラリー Kuni Kawachi All right reserved.